ソリューション 会社情報 採用情報 お問い合せ
セキュリティ トップ
ESETトップ
資料ダウンロード
ウイルス定義データベース
最新バージョン
24408
(2021/12/06 18:52)
セキュリティ トップページへ 製品情報一覧へ

重要なお知らせ
Windows 2000環境における通信障害などの現象について

ESET NOD32アンチウイルスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

Windows 2000上にて、ESET NOD32アンチウイルス V4.0 をご利用の際、下記の問題が発生する場合があるとのご報告をいただいております。


■報告されている主な問題

  • インターネットに接続できなくなる
  • メールの送受信ができなくなる
など

■環境

  • ESET製品のバージョン
    • ESET NOD32アンチウイルス V4.0
  • OS
    • Windows 2000
      ※ 一部環境では Windows XP での報告もいただいております。

■これまでのお問い合わせ件数

50件(2010年7月14日 12:00時点)


■回避方法

現在原因を調査中ですが、本現象はESET製品の自己プログラム保護機能に関連した問題である可能性がございます。

「自己プログラム保護機能」を無効化することによりご利用いただけるとの事例もございますので、ご検討くださいますようお願いいたします。



■「自己プログラム保護機能」を無効化にすることによる影響

本機能を無効にしても、通常のウイルス検出/駆除への影響はありません。

本機能は、
  1. ESET製品のプログラムの変更または一部削除を目的としたウイルス
  2. ESET製品が使用しているレジストリ情報を改ざんするウイルス
に対して、変更または一部削除の操作を監視するものです。

監視を無効にした場合でも、これらのウイルスがESET製品にて検出可能なものであれば、ファイルの実行等のタイミングで検出/駆除されます。


本件に関するお問い合わせは、下記弊社サポートセンターまでお問い合わせください。


今後、この件に関する詳細情報および新着情報につきましては、本ページにて順次公開いたします。

お客さまにご迷惑をお掛けしていますことを、深くお詫び申し上げます。

 
このページのトップへ

(C)Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.