ソリューション 会社情報 採用情報 お問い合せ
セキュリティ トップ
ESETトップ
資料ダウンロード
ウイルス定義データベース
最新バージョン
21389
(2020/05/26 17:22)
セキュリティ トップページへ 製品情報一覧へ

2008年9月24日
2008年9月25日更新

【重要なお知らせ】
ESET Smart Security パーソナルファイアウォール機能のアップデートによる通信障害について

対象製品:
ESET Smart Security  パッケージ版およびダウンロード版

ESET Smart Security をご利用の一部のユーザー様におきまして、2008年9月23日16:00頃~9月24日10:30頃までに配信されたウイルス定義データベースを更新し、ESET Smart Security のパーソナルファイアウォール機能のコンポーネントのバージョン番号が1039(20080822)にアップデートされた方の中で、通信ができなくなるなどの現象が発生しておりました。

なお、9月25日2:00以降、配信されているパーソナルファイアウォール機能のコンポーネントのバージョン番号は1040(20080924)であり、この問題は発生しません。

ESET Smart Security のパーソナルファイアウォール機能のコンポーネントのバージョン番号が1039(20080822)にアップデートされて、この通信障害が発生している場合、以下の手順で、パーソナルファイアウォール機能のコンポーネントを1040(20080924)にアップデートしてください。

パーソナルファイアウォール機能のコンポーネントのバージョン番号の確認の仕方は、ESET Smart Security のメインメニューの「ヘルプとサポート」を選択して、[ESET Smart Security]をクリックして、 パーソナルファイアウォール機能の右側に書かれている番号をご確認ください。


1. 一時的にパーソナルファイアウォール機能を無効にしてください。

ESET Smart Security のメインメニューの「設定」を選択して、[一時的にパーソナルファイアウォールを無効にする]をクリックしてください。


[ クリックで拡大します ]
2. ウイルス定義データベースをアップデートしてください

ESET Smart Security のメインメニューの「アップデート」を選択して、[ウイルス定義データベースをアップデートする]をクリックしてください。
3. PCを再起動してください。

以上の手順を実施後、正常に通信できることをご確認ください。


<<< 以上の手順を実施できない方 >>>

以上の手順を実施できないか、パーソナルファイアウォール機能のコンポーネントが1040(20080924)にアップデートされていない場合は、誠に恐れ入りますが、ESET Smart Security を再インストールしていただきますようお願いいたします。


<<< 以上の手順を実施できても通信障害が発生している方 >>>


パーソナルファイアウォール機能のコンポーネントが1040(20080924)にアップデートされても、何らかの通信障害が発生していると考えられる場合は、以下の手順を行ってください。

4. ESET Smart Security のメインメニューで、[F5]キーを押して、ESET Smart Security の詳細設定画面を表示します。
5. [パーソナルファイアウォール]-[IDSと詳細オプション]を選択して、その中の[ARPポイズニング攻撃を検出]と[ポートスキャンニング攻撃を検出]のチェックを外して、OKボタンを押してください。


[ クリックで拡大します ]


ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。


 
このページのトップへ

(C)Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc.