ソリューション 会社情報 採用情報 お問い合せ
セキュリティ
 Spybot Search & Destroy
 Spybot Search & Destroy 製品情報製品情報
価格表価格表
購入方法購入方法
動作環境動作環境
次年度更新次年度更新
サポートメニュー
Spybot Search & Destroy に関してのご質問や資料のご請求はこちら
お問い合せはこちら
セキュリティ トップページへ 製品情報一覧へ
No.SBT4202

JWord プラグインをご利用のお客さまへ


対象

【製品名】 Spybot Search & Destroy



内容

Spybot Search & Destroyの検査機能は、JWord プラグインのメインモジュールである「CnsMin」を検出します。
しかし、JWord プラグインはスパイウェアやアドウェアではないため、「CnsMin」が検出されてもご利用のコンピュータに問題が生じているわけではありません。安心してご使用ください。

この問題については、現在開発元に修正を依頼しております。

JWord プラグインがインストールされている場合は、Spybot Search & Destroyで「CnsMin」を除去しないでください。
Spybot Search & DestroyでJWord プラグインの「CnsMin」を除去した場合、JWordの「CnsMin」を正確に除去することができず、以下のような問題が発生します。

  • JWordによるアドレスバーからの検索ができなくなってしまう。
  • JWordの「検索バー」が残ってしまい元の状態に戻せなくなってしまう。
  • 何回「CnsMin」を除去してもSpybot Search & Destroyにより検出されてしまう。
  • 「スタート」メニューのJWord プラグインに関連した項目が、機能しない状態のままで残ってしまう。
Spybot Search & DestroyでJWord プラグインの「CnsMin」を除去したときに発生する現象は、Spybot Search & Destroyに原因がある問題です。
JWord プラグインをご利用の場合は、以下の記述を参照して「CnsMin」を検査の対象から外してください。

  1. Spybot Search & Destroyを起動します。

  2. 「モード」メニューから「詳細モード」をクリックします。

  3. 既に「CnsMin」の除去を実行している場合は、3-1 から 3-2 を実行します。

    3-1.
    Spybot Search & Destroyの「リカバリー」をクリックします。
    3-1.
    「□ CnsMin」にチェックを入れた後に「選択項目を復元」を選択します。

  4. 「設定」の「定義データの除外」をクリックします。

  5. 「□ CnsMin」にチェックを入れます。

    「CnsMin」を「定義データの除外」の対象に設定すれば、検査機能で「CnsMin」が検出されなくなります。
なお、JWord プラグインをアンインストールするときなどに、Spybot Search & Destroy の設定を変更しなければならない場合があります。
そのような状況の詳細については、以下の資料を参照してください。

参考 検出した「CnsMin」を除去できないのは?

JWord プラグインとSpybot Search & Destroyの共存に関する問題



上記問題につきましては、2005年02月28日の更新により修正されました。

以下の手順に従い、Spybot Search & Destroyを更新してください。
  1. Spybot Search & Destroyを起動します。

  2. Spybot Search & Destroyの「保護」をクリックした後に「解除」ボタンをクリックし、常駐保護を解除します。

  3. Spybot Search & Destroyの「更新」をクリックした後に「更新検索」ボタンをクリックします。

  4. 更新内容が表示され、各項目にチェックが入っていることを確認します。

  5. 「ダウンロード開始」ボタンをクリックし、定義ファイルをダウンロードします。

  6. 更新内容に緑色のチェックマークがつけば更新は完了です。

  7. Spybot Search & Destroyの「保護」をクリックした後に「保護」ボタンをクリックし、常駐保護を開始します。

  8. Spybot Search & Destroyを再起動してください。

    「ヘルプ」→「バージョン情報」にて、「最終更新:」覧が最新であることを確認してください。
 
このページのトップへ

(C)Canon IT Solutions Inc.